味噌パワー

味噌の種類 

味噌パワー header image 2

赤だし味噌 

2014年05月16日 · コメント(0) · 未分類

一口に味噌といってもさまざまな種類がありますが、赤だし味噌は、その見た目の特徴から、他の味噌とは一線を画す存在となっているようです。赤だし味噌とは、赤味噌とも呼ばれる豆味噌の一種です。一般に多く流通している米味噌や麦味噌のように、大豆に米麹、麦麹を混ぜながら作り上げていくのではなく、大豆だけを原料として作る豆味噌は、大豆の旨みが確かに生きた、味わい深い味噌となっています。ただし正式には、赤だしという味噌は存在せず、豆味噌を使用して作られた味噌汁を赤だし、赤だしの材料だから赤だし味噌、という呼ばれ方が市民の間で広まっていったようです。また地域によっては、豆味噌の一種である八兆味噌に米味噌をあわせたものを赤だし味噌と呼んだり、豆味噌に他の調味料を配合した調合味噌を赤だし味噌と呼ぶこともあるようです。赤だし味噌もとい豆味噌は、主に東海地方を中心に作られています。丸大豆と塩だけという本当にシンプルな材料で作られるため、豆の味がしっかり感じられるほか、濃くツヤのある赤色が生まれてきます。また米味噌や麦味噌と比べ、大豆のタンパク質の含有量が多いので、健康にもいいということです

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。